奈良観光スポットのご案内

奈良の梅林
(月ヶ瀬梅林・梅渓、追分梅林、大和民族博物館)

月ヶ瀬梅郷(月ヶ瀬梅渓)後醍醐天皇由来1万本の梅渓

○ 住所

奈良県奈良市月ヶ瀬尾山

○ TEL

0743-92-0300(月ヶ瀬観光会館)

○ 月ヶ瀬梅林へのアクセス

1. 【お車】名阪国道五月橋ICより北へ7KM(月ヶ瀬方面への看板・標識あります)旅館やまべから40分
2. 【電車・バス】平日→近鉄奈良駅から奈良交通バス・石打(柳生、梅の郷月ヶ瀬温泉)行き終点梅の郷月ヶ瀬温泉下車すぐ。
2月18日~3月21日の土日・祝日→近鉄奈良駅から奈良交通バス月ヶ瀬梅林行き。奈良から約70分。

上記期間中以外は土曜・日曜祝日のバスは無いのでご注意!

○ コメント

室町時代から吉野の桜と並んで月ヶ瀬の梅は有名でその本数は1万本とも言われています。後醍醐天皇や谷崎潤一郎などが月ヶ瀬の梅を絶賛しています。ダム湖の石碑には、谷崎潤一郎のコメントが以下の様に刻まれています。

○ 谷崎潤一郎の月ヶ瀬梅のコメント

“名所というものは行ってみるとさほどでも無いところが多い。けれども昔から花の吉野とならび称されている月ヶ瀬の梅の梅ばかりはまことにその名に背かない。あの五月川の水を挟んで蛇艇一里にあまる渓谷は真球の粒をばら撒いたような萬梁の花の香る景色を私は毎年早春頃のなると思い出す。今年も行ったし2,3年前にも行ったがまた来る年も来る年も暇さえあればまた行きたいと思う。”

確かに山の上から見下ろすダム湖と梅の花は絶景です。毎年行きたくなるようなポイントか一度確認してみては?

追分梅林 矢田寺~霊山寺の山の斜面

○ 住所

奈良県奈良市中町

○ TEL

0742-47-6604 (追分梅林事務所)

○ 追分梅林へのアクセス

1. 【お車】第二阪奈道路砂茶屋橋東詰出口から南下300m看板“追分梅林”に従って約1km。または矢田寺方面から富雄川沿い(県道7号線)を北上。看板“追分梅林”で左折。
2. 【電車・バス】近鉄学園前駅より若葉台終点下車西に約500m

○ コメント

規模としては小さく地元の隠れスポットといった感じです。小高い山の斜面全体が梅林になっています。ここからは奈良市内全体が見渡せ東側に若草山がきれいに見えます。

大和文華館 梅林

○ 住所

奈良市学園 南1丁目11-6

○ TEL

0742-45-0544

○ 大和文華館へのアクセス

近鉄学園前駅南出口から南東に300m

○ コメント

美術館の入り口が植物園となっており四季折々の植物が楽しめます。特に梅は1本の木に多くの梅を接木してあります。4本の木を接木した“幸せの木”や7本の木を接木したは見事です。

博物館に至る道沿いが梅林になっています。(左)七種類の梅を接木した“七福神”(右)

大和民族公園(奈良県立民族博物館)みんぱく梅林

○ 住所

奈良県大和郡山市矢田町545

○ TEL

0743-53-3171

○ 大和民族公園へのアクセス

1. 【バス】近鉄大和郡山駅奈良交通バス乗り場1番乗り場“矢田東山”下車北に徒歩7分。
2. 【お車】 矢田寺から近鉄郡山駅へ向かう途中左手(奈良高専の手前右手)。

○ コメント

広大な27haの敷地に植えられている”みんぱく梅林”は近所から多くの方が見物に訪れます。
紅梅・白梅のほかにまずらしい蝋梅も見られます。

冬の奈良 観梅で過ごしてみませんか? イチオシは月ヶ瀬梅林です。