奈良観光スポットのご案内

【西大寺~平城宮跡~法華寺】
関西奈良平城京ハイキングコース

平城京・法華寺へのアクセス

1. 電車:近鉄西大寺駅から東に歩いて平城宮跡博物館~東院庭園を経て30分
2. 車:ビジネス旅館やまべから国道24号線を北上、一条高校(歩道橋)を左折約1kmで法華寺駐車場。
3. 車:ビジネス旅館やまべから国道24号線を北上、国道369号西500m西大寺方面に右折平城宮跡資料館駐車場。

奈良観光案内・ボランティアガイド

大体、平城宮跡資料館に大勢ガイドのおじさんがおられます。
平日で人が少ない時はこっちが頼んでいないのに平城京のガイドを始めるボランティア精神旺盛な方もおられます。
団体予約:0742-30-6752 (奈良文化財研究所文化財情報課)

西大寺~平城宮跡~法華寺観光旅行・【平城京】ハイキングコース

アップダウンがほとんど無いので体力が無くても大丈夫。
もし疲れても奈良交通の路線バス道路に出れば西大寺駅か奈良までいけます。元気があれば周辺の奈良観光スポットの古墳群、西大寺、秋篠寺、海龍王寺、不退寺、興福院、奈良ドリームランドまで歩いてゆけます。

印刷用はこちらから > 奈良観平城宮跡地図

奈良平城宮跡・法華寺とは

― 平城宮跡 古都奈良の平城京の中心地 ―
今から約1300年前平城京が今の奈良市に建設されました。中心地には天皇の住まいや官公庁が集まっていました。
甲子園30個分のスペースが入る広大なスペースには様々な公開施設がありそのほとんどが無料で公開されています。建物跡は発掘後ほとんどが埋め戻されているので見晴らしがすばらしく大草原が広がっています。東院庭園では四季折々の花が楽しめます。
また、平城宮跡の周りは少し足を伸ばせば多くの寺や古墳群をめぐることができます。

平城宮跡資料館

西大寺駅から奈良交通バスの路線に沿って歩くとまず最初に見えてくるのが平城宮跡資料館です。ここでは、当時の平城京の模型図、和同開珎などの貨幣、木簡、当時の衣装等の奈良時代の遺物はもちろん縄文時代、弥生時代の石器、土器や発掘時の地層をそのまま復元したものなど奈良時代以外の資料も多数展示されています。
また、観光ボランティアの方も大勢おられます。平日なら観光客よりもガイドの方が多いのではと思えるほどです。ガイド料はタダなのでここで1週コース約3時間(資料館→遺構展示館→東院庭園→朱雀門→資料館)を頼むのがお得です。

第一次大極殿

大極殿は天皇の即位、元旦の朝賀など国家的儀式の時に天皇が出御する建物です。奈良時代の前半期では、国家的な儀式、つまり即位・朝賀・外国使節の謁見といった行事を主に大極殿院・朝堂院で行ったと考えられています。現在復元作業中です。平城京遷都1300年目の2010年完成後公開予定です。高さは27mもあるので遠くからでも良く見えます。
また、第一次大極殿正殿を取り巻く南門・廻廊等(院地区)についても、復原整備に向けた検討が進められています。

第一次朝堂院

儀式や宴会が行われたところ。

朱雀門

平城京の入り口である羅生門の4km先にある平城京の正門。
朱雀門の前では外国使節の送迎を行ったり、時には大勢の人が集まって歌垣なども行われました。
朱雀門は衛士たちによって守られ、常時開いていたわけではありませんが、宮の正門としての権威とともにその勇姿を内外に誇示していたと思われます。

兵部省

奈良時代の防衛庁、建物の基礎の部分だけが復元されいます。
コンクリートのブロックに囲まれているので全体の様子が良く分かりません。近鉄電車から見るのがよいかも。

式部省

奈良時代の人事院

第二次朝堂院・第二次大極殿

平城宮跡のほぼ中央にあります。
建物跡が石段になって少し小高くなっています。若草山が良く見えます。

内裏

天皇の住まい。「つげ」の木が植えられている場所は建物の柱があった場所。

遺構展示館

遺跡がそのまま見れます。売店ありちょっと休憩。

東院庭園

1967年、平城宮東張出し部の南東隅に大きな庭園の遺跡が発見されました。この場所は『続日本紀』にみえる「東院」にあたることから、発見された庭園は「東院庭園」となづけられました。四季折々の花と池の対比が絶妙です。

法華寺

○ 住所

奈良県奈良市法華寺町882

○ 電話番号

0742-33-2261

○ 法華寺とは

東大寺が国分寺の総本山に対し、法華寺は総国分尼寺として当時はとても大きな寺でしたが平安遷都後に荒廃し、今はこじんまりとしています。「法華寺」は藤原不比等の邸宅を「光明皇后」の皇后宮としたのが前身です。

木造十一面観音立像〔国宝〕は光明皇后をモデルに刻んだといわれています。

四季折々の花が植えられている東庭園とは別に主庭園があります。御所の庭を移築したといわれ奈良県指定名勝です。

本堂は地震で倒れた後江戸時代に再建されました。

から風呂は光明皇后が自ら千人の垢を流したといわれる蒸し風呂です。

平城宮跡・法華寺フォトギャラリー

6月28日現在見頃の花:はす、チェリーセージ、山ぼうし、ラベンダーセージ、忘れ名草、カタシロ草、クレマチス、夏椿、キュシバイ、あじさい、ネグントカエデ、ハマコウ、シロシキブ、カンペニュラ、スモークツリー、フロンネル草、キボシ、ハナテマリ、台湾人参木、ホタルブクロ

奈良時代平城京の観光(西大寺~法華寺)はハイキングがお勧め。近所人の散歩・ジョギングコースにもなっています。