奈良観光スポットのご案内

2017年奈良桜の開花情報

2017年4月10日現在の奈良の桜の写真

○ 奈良公園
氷室神社の枝垂れ桜2017年4月4日

氷室神社のしだれ桜はは散り際。ソメイヨシノは、満開。

○ 石上神宮
布留川の桜2017年4月10日

石上神宮から布留川沿いは満開です。ソメイヨシノではないピンク色の桜は散り際。

布留川から見る桜と天理参考館(2017年4月10日)
○ 法隆寺
法隆寺の桜2017年4月10日

法隆寺五重塔の桜は満開(2017年4月10日)

○ 大和郡山城
大和郡山城の桜2017年4月10日

大和郡山城の桜は満開(2017年4月10日)

【奈良の桜】関西・奈良県の花見・桜スポット
・写真フォトギャラリーを紹介します。奈良桜開花情報

奈良の桜スポットについて:

奈良の桜と言えば吉野の桜が一番有名ですが、そのほかにも日本の桜百選に選ばれた郡山城や五重塔とのコントラストが美しい長谷寺、ドラマで一躍有名になった又兵衛桜、古木で有名な佛隆寺の千年桜や瀧蔵桜など隠れスポットがたくさんあります。 ビジネス旅館やまべお勧めの桜スポットを案内します。

(リンクをクリックするとページ内の桜スポットに移動します。)

大和郡山城~日本の桜百選 お城祭り

住所: 奈良県大和郡山市 城内町 郡山城

入場料,拝観料: 駐車場無料

例年桜開花時期: 3月下旬~4月上旬

コメント: 豊臣秀長ゆかり郡山城は"日本の桜百選"に選ばれているスポットのひとつ。お城の石垣と桜で情緒たっぷり。3/28~4/11は"お城祭り"が開催され数珠くり法要やパレード、金魚品評会、お茶会など様々な催しが行われます。大和郡駅から近くアクセスに便利です。夜桜も楽しめます。

○ 大和郡山城(日本の桜100選)の写真
大和郡山城の桜

大和郡山城と桜

大和郡山城の城壁と桜

大和郡山城の城壁と桜

石上神宮外苑公園から布留川~西乗鞍古墳

住所: 奈良県天理市布留町 石上神宮外苑公園

アクセス 旅館やまべから北大路通りを北上、突き当たりを左折(車で5分)

入場料,拝観料: 駐車場無料 例年桜開花時期: 4月上旬~中旬

コメント: 4月上旬に天理桜祭りが開催されます。天理桜祭りの期間中は、夜間桜の木にぼんぼりがともされます。穴場スポットです。静かに桜を楽しみたい方にはお奨め。駐車場無料。並木道に沿って桜が咲いています。 石上神宮から西に数百m天理参考館からの布留川沿いも枝垂れ桜、八重桜がきれいです。また石上神宮から南へ1kmほど進むと天理親里ホッケー場の横に西乗鞍古墳がありますが、古墳全体が桜の花で満たされます。

○ 石上神宮の桜の写真
布留川沿いの桜

石上神宮横布留川沿いの桜

東乗鞍古墳の桜

西乗鞍古墳桜

天理参考館の桜

天理参考館の桜

安倍文殊院 → 安倍文殊院観光案内

住所: 奈良県桜井市阿部山 安倍文殊院

入場料,拝観料: 700円(抹茶,手つくりらくがん付)

例年桜開花時期: 4月上旬

コメント: 浮身堂の池の周りにびっしり植えられた桜が咲く様子は一見の価値あり。

また同時期にパンジーで作られた絵馬も楽しめます。

○ 安倍文殊院の桜の写真
安倍文殊院の浮身堂の桜

安倍文殊院の浮見堂の桜

安倍文殊院パンジー絵馬と桜

安倍文殊院パンジー絵馬と桜

安倍文殊院本堂の桜

安倍文殊院本堂の桜

法隆寺境内

住所: 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

入場料,拝観料: 一般1000円・小学生500円

例年桜開花時期: 4月上旬

コメント: ソメイヨシノのほか山桜,しだれ桜などがいっせいに咲きます。西院廻廊の東出口や大講堂の西にある桜,夢殿のしだれ桜がお勧めです。

○ 法隆寺の桜の写真
法隆寺金堂と本堂と桜

法隆寺の金堂と本堂と桜

法隆寺聖護院の桜

法隆寺聖護院と桜

法隆寺の参道の桜

法隆寺参道の桜

吉野 金峯山寺 (奥千本,上千本,中千本,下千本)の千本桜

住所: 奈良県吉野郡吉野町吉野山2498

入場料,拝観料: 駐車料金1500円

例年桜開花時期: 4月中旬~下旬

コメント: ”日本の桜100選”にも選ばれているスポット。約3000本の桜が山全体を桜色に染めます。金峯山寺は役行者が祭られていますが、修行で会得した”蔵王権現”を桜の木に彫ったことから神木としてあがめられています。4月10日には千本搗き・女人大護摩供が行われます。吉野山全体が桜色に染まる風景は圧巻です。蔵本堂がその中心になります。夜間も楽しめます。(中千本,下千本)

○ 吉野の桜の写真
金峯山寺仁王門の桜

金峯山寺仁王門の桜

吉野金峯山寺蔵王堂の桜

吉野金峯山寺蔵王堂の桜

吉野下千本の桜

吉野下千本の桜

吉野上千本の桜

吉野上千本の桜

吉野櫻本堂の桜

吉野櫻本堂の八重桜

上千本から見る蔵王堂と桜

上千本から見る蔵王堂と桜

石舞台の桜

住所: 奈良県高市郡明日香村

入場料,拝観料: 大人 500円

例年桜開花時期: 4月上旬~下旬

コメント: 明日香村の春は、桜と菜の花が美しいです。のどかな田園風景が広がります。飛鳥の桜の花の一番の名所は石舞台です。石舞台を近くで見るには入場料が必要ですが、桜や菜の花の風景を楽しみたいならすぐ近くに小高い丘があるので石舞台や桜を丘の上から楽しむことができます。ピクニックやハイキングにお勧めです。少し足を延ばせば、徒歩30分で藤原鎌足ゆかりの談山神社や、ロードバイクで芋峠越えで吉野に抜けることもできます。(約1時間)

○ 石舞台の桜の写真
石舞台の桜

石舞台の桜

石舞台の桜と菜の花

石舞台の桜と菜の花

長谷寺> 関西花の寺の桜 長谷寺詳細

住所: 奈良県桜井市初瀬731-1

入場料,拝観料: 大人 500円

例年桜開花時期: 3月下旬~4月下旬

コメント: ボタンの寺として有名ですが春には6000本の桜が咲き乱れます。入山に樹齢100年のシダレザクラがあります。近くに瀧蔵神社のしだれ桜(権現桜)県指定の天然記念物となっているしだれ桜は、樹齢300年といわれています。

○ 長谷寺の桜の写真
長谷寺五重塔奈良と桜

長谷寺五重塔と桜

長谷寺登廊と桜

長谷寺登廊と桜

長谷寺仁王門桜

長谷寺仁王門の桜

長谷寺奥ノ院瀧蔵神社権現桜

長谷寺奥ノ院瀧蔵神社の権現桜 樹齢約400年

奈良公園 の桜 → 奈良公園観光案内

2014年  3月27日 1分咲き

住所: 奈良県奈良市雑司町469

入場料,拝観料: 無料

例年桜開花時期: 3月下旬~4月下旬

コメント: ナラヤエザクラと呼ばれる小ぶりで上品なヤエザクラが、例年4月中旬から下旬にかけて開花します。浮見堂の周りから見る桜は絶品!浮見堂周りの池は貸しボート有。周りには東大寺,春日大社,興福寺,奈良国立博物館など観光スポット多数。また、奈良駅から東大寺に向かう途中にある"氷室神社のしだれ桜”は樹齢100年で一見の価値有り4/5満開(早咲き)。3/28さまざまな芸能の奉納が行われます。

○ 奈良公園氷室神社の桜の写真
奈良公園氷室神社枝垂れ桜

氷室神社枝垂れ桜

氷室神社枝垂れ桜

みんなが上を見上げるほどの枝垂れ桜です。

○ 浮見堂の桜
浮見堂の桜

桜の季節と紅葉の季節は必ず訪れてください。

佛隆寺の桜(千年桜)

住所: 奈良県宇陀市棒原区赤埴1684

入場料,拝観料: 駐車場無料

例年桜開花時期: 4月10~15日

コメント: 山桜や白い彼岸花が美しく咲き乱れる。門前の樹齢900年のエドヒガン桜は県指定天然記念物で幹は周囲7.5m、高さ16m、樹齢900年という県下最大最古のサクラです。開花に併せてライトアップを行います。また、期間内の休日には「千年桜花見の会」イベントが開催されます。

○ 佛隆寺の桜の写真
佛隆寺千年桜

佛隆寺千年桜(上からの写真)

佛隆寺千年桜

佛隆寺千年桜(下からの写真)

又兵衛桜(宇陀市)

住所: 奈良県宇陀市大宇陀区本郷

入場料,拝観料: 駐車場500円

例年桜開花時期: 4月上~中旬

コメント:又兵衛桜はNHKの大河ドラマのオープニングで使用されたことから有名になりました。又兵衛は大坂夏の陣で活躍した、戦国武将・後藤又兵衛にちなんで付けられました。周りを山で囲まれた田園地帯でとてものどかなところです。

○ 又兵衛桜の桜の写真
又兵衛桜

又兵衛桜

又兵衛桜と菜の花

又兵衛桜と菜の花

平城宮跡の桜 →平城宮跡観光案内

住所: 奈良県奈良市佐紀町

入場料,拝観料: 駐車場有料

例年桜開花時期: 3月下旬-4月上旬

コメント: とにかく広いです。場所取りであくせくする必要はありません。世界遺産にも登録された名所です。宮跡一帯にサクラが咲き、同地に朱雀門、東院庭園が復原されて美しい背景となります。のんびりと花見を楽しみたい方にお奨め。近くには、法華寺,西大寺などがあります。近くに飲食店売店有。

○ 平城宮跡の桜の写真
平城宮跡の桜

平城宮跡朱雀門と桜

平城宮跡と若草山と桜

平城宮跡と若草山と桜

佐保川の桜

2014年 3月27日 1分咲き

住所: 奈良市佐保川流域

入場料,拝観料:なし(無料)

例年桜開花時期: 4月上旬~中旬 コメント:観光地ではありませんが、約3kmにわたって桜並木が佐保川沿いに咲いています。場所は、新大宮駅から南に2kmほどのところ奈良県立図書館などがあります。

○ 佐保川の桜の写真
佐保川の桜

佐保川の桜